TOP

時代と歴史の流れからみたお金のお話

現代社会では、人間が一人で生きていくことはできません。
すべて自分でできるというのなら、もちろん一人で生きていくことはできますし、お金なんてものも当然、必要にはなりません。
しかし現実はそういうわけにはいきません。
水道や電気などのインフラをはじめとし、とてもではありませんが、そうしたものを自分一人の力だけで成立させることはできません。
また産業革命、IT革命などを経て、先進国を中心とする人間の生活水準は、昔と比べて格段にあがりました。
それに伴い時代の成長とともに生まれてきた新しいサービスや商品を、私達現代人は言うまでもなく、欲しがります。たとえ欲しがらなくても、まわりの人がそうした高水準の生活をしだす以上、新しい様式についてこれなければ孤立し、生きていくことも難しい世の中です。
たとえば医療の発展により私達の病気へのリスクは激減しましたし、平均寿命もはるかに伸びました。
文明が発達するごとに、私達はその発達した文明に依存せざるをえない生き方を、していくしかなくなるのです。
そうすると、どうしてもそうした高い生活水準を保つためには、人間の仕事というものが増えていきます。
結局は「私はこの仕事をやるから、じゃああなたはこれをやって」という「分業」のサイクルが生まれます。
そうしていろんな人々がそれぞれの専門分野の仕事に専念したほうが、生活維持・社会発展の効率がよくなるのです。こうした分業社会で問題になってくるのは、私達はどのような対価を支払って相手のサービスをうけるか、です。基本的には「価値の交換」が前提となっていきます。お金のない時代は、物々交換が主流でした。
しかし、物々交換だと、たとえば自転車が欲しい野菜屋さんは、野菜が欲しい自転車屋さんを探さなければ物々交換が成立せず、多大な労力がかかります。また物々交換という、モノの価値が数字化されていない方法は、なにかと不便です。
この問題は、お金を発行することで解決できます。
すべてのモノやサービスはお金で買えるという暗黙のとりきめを作り、モノに数字という形で相対的な価値(値段)をつけることで、サービスの売買もスムーズになります。ここで重要なのは、お金というのは物々交換の手間などを省略するための手段であり、本来その実体は野菜と自転車を交換するような物々交換であるということ、そして自分自身も他人にサービスをおこなえなければ、他人からサービスをうけることはできない、ということです。

.

最終更新日:2015-10-17 22:14

コメント (0)